ペーパードライバー講習はベネファーストで!練習は1日何時間でも可能です。
べネファーストはジェネラルエイチ株式会社と統合いたしました。
ジェネラルエイチの経営の元、べネファーストを運営してまいります。
ご利用いただくお客様へのサービスは今まで通りご提供してまいります。
今後ともべネファーストをご愛顧いただけますよう、お願い申し上げます。

  べネファーストはお客様にわかりやすいアドバイスを心がけています。

信用第一

ペーパードライバーの運転練習は、べネファーストへお任せください。
よく車の運転を教える時「遠くを見て」と教えることがあります。
確かに遠くをみて運転することが当たり前のことなのです。
でも、この「遠く」ってどの遠くなのでしょう?
実は、「遠くを見る」ということを言いっ放しにしてしまうインストラクターって結構多いのです。
「遠く」
「遠く」とは一体どの辺りなのか?
チーフインストラクターは、教習所に努めているころにずっと考えていました。
このような抽象的な表現では、なかなか理解できないのが運転だと考えています。
なるべく具体的に、わかりやすくお伝えできるよう日々、社内検討会を実施しています。
おかげさまで、べネファーストをご利用いただいたお客様からは「お金を出して練習した甲斐があった」とのお声を頂いています。
他社の練習を受講してみて、「あまり自信がもてなかった」と感じている方は、ぜひべネファーストへお任せください。

<特に教習所や他社で受講経験があるが以下のことが苦手な方はご相談ください。>
〇左折時にどうしても大回りになる方
〇右折時にどうしても対向車線側に行ってしまう方
〇車庫入れで目安を聞いたがなかなかうまくいかない方(目安を使用しない方法をお教えいたします。)
〇狭い道路へ曲がるのが怖い方
上記のようなことは「コツ」を知ると以外に簡単にできるようになります!


1日に何時間でも、ご希望の時間数練習できます。


ペーパードライバー講習の専門スクールには、1日にできる練習の時間制限がありません。お客様がご希望する時間数、何回でも、何日でも練習できるメリットがあります。教習所では、法的に時間数の制限がある為、1日にできる練習時間は限られています。例えば、専門スクールならば1日で「走行練習」「車庫入れ練習」「高速道路走行練習」といろいろな項目を練習することが可能です。また、教習所へ行く必要がなく、ご自宅まで出張できるのがペーパードライバー講習専門スクールです。長年運転をしていなかった不安を1日で解消することもできます。ペーパードライバーの運転練習を教習所でとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

ペーパードライバー歴によるおススメ練習時間数

「私は何時間くらい練習したらいいの?」とのご質問をたくさんいただきます。

実は、ハッキリ何時間ですよ。というお答えをお伝えすることはできないのです。

運転には、個人差がありますので、何年も全く運転していなかったのに2時間も練習したら、スイスイ運転でてしまう方もいれば、ペーパードライバー期間は、それほど長くないけど何時間練習しても自信がつかない方もいらっしゃるんです。

ここに記載するおおむねの時間数は、あくまでも参考程度にしてください。

 

2~4時間を練習

以前は、運転をしていてペーパードライバーの期間が短期間の方は、2時間~4時間コースで運転感覚が戻る方が多くいらっしゃいます。

 

 

5~7時間の練習の方

以前は、運転をしていてペーパードライバーの期間が5年~6年で、運転に不安を感じている方に適している時間数です。

 

 

8時間以上を練習の方以前は、運転をしていたがペーパードライバーの期間が10年以上の方や、免許取得後、全く運転をしたことが無い方は、まず、車に慣れることが大切です。
車の運転は、時間数を乗ることによって慣れてきます。以前、運転をしていてペーパードライバー期間は短いけど、全く運転に自信がない方も、この時間数を練習していただけると運転に自信がついてくると思われます。

—————————————

上記おススメ練習時間数は、一般的な事例を時間数にして記載いたしました。

絶対に上記の時間数を練習すれば、事故を起こすことがなくなります。などの保証をするものではありません。

もちろん、インストラクターが的確なアドバイスはいたしますが、練習の終了判断はお客様ご自身の判断となります。


こんな状況に遭遇!どう対処しますか?

ペーパードライバー講習ってどんなことを教えてくれるの?の声をいただくので、慣れていない多くの方の運転中の特徴を一例として記載してみました。
こんな状況、どうしますか?1

前方には、タクシーが停車しています。
対向車もあり、道幅は狭く感じます。
タクシーを避けて、進行します。

さて、この状況で一番多いミスは・・・

こんな状況どうしますか?
初心運転者の方や、慣れない方は、赤い丸の車に集中していることが多いのです。

こんな状況どうしますか?
タクシーや対向車に衝突する恐怖心からどうしても場面のとらえ方が点になってしまうのです。
もちろん、タクシーや対向車を全く見ない訳ではありません。

運転をする際の場面の捉え方は、点ではなく面で捉えるようにしましょう。
一般的には、このような場面で多いアドバイスは、「遠くを見てください」と教わることが殆どだと思います。

確かに間違いではありません。
ただ、教習所時代に感じたことは、「遠くってどこ?」と迷う教習生が沢山いらっしゃったこと。

べネファーストインストラクターは、教わる方の立場になってアドバイスを致します。
車の運転練習は、知識と経験豊富なべネファーストにお任せください!


WEBから予約可能です!

ご希望の日付をクリックしていただくとWEBから練習の予約をしていただけます。

ご予約は、仮予約となり、翌営業日までに弊社よりご確認のお電話を差し上げます。

お手数ですが、WEB予約を完了されたお客様は、弊社からのお電話の対応をお願いいたします。

 

お申込み・お問い合わせ

国立市周辺駅で待ち合わせるプラン

ご利用いただいたお客様をご紹介しています。

貸出車両は人気のミニバン

アンケートページへ

web予約や予約状況確認できます

 


べネファーストはお客様にわかりやすいアドバイスを心がけています。

信用第一

ペーパードライバーの運転練習は、べネファーストへお任せください。
よく車の運転を教える時「遠くを見て」と教えることがあります。
確かに遠くをみて運転することが当たり前のことなのです。
でも、この「遠く」ってどの遠くなのでしょう?
実は、「遠くを見る」ということを言いっ放しにしてしまうインストラクターって結構多いのです。
「遠く」
「遠く」とは一体どの辺りなのか?
チーフインストラクターは、教習所に努めているころにずっと考えていました。
このような抽象的な表現では、なかなか理解できないのが運転だと考えています。
なるべく具体的に、わかりやすくお伝えできるよう日々、社内検討会を実施しています。
おかげさまで、べネファーストをご利用いただいたお客様からは「お金を出して練習した甲斐があった」とのお声を頂いています。
他社の練習を受講してみて、「あまり自信がもてなかった」と感じている方は、ぜひべネファーストへお任せください。

<特に教習所や他社で受講経験があるが以下のことが苦手な方はご相談ください。>
〇左折時にどうしても大回りになる方
〇右折時にどうしても対向車線側に行ってしまう方
〇車庫入れで目安を聞いたがなかなかうまくいかない方(目安を使用しない方法をお教えいたします。)
〇狭い道路へ曲がるのが怖い方
上記のようなことは「コツ」を知ると以外に簡単にできるようになります!


お申込みお問い合わせはこちら


1日に何時間でも、ご希望の時間数練習できます。


ペーパードライバー講習の専門スクールには、1日にできる練習の時間制限がありません。お客様がご希望する時間数、何回でも、何日でも練習できるメリットがあります。教習所では、法的に時間数の制限がある為、1日にできる練習時間は限られています。例えば、専門スクールならば1日で「走行練習」「車庫入れ練習」「高速道路走行練習」といろいろな項目を練習することが可能です。また、教習所へ行く必要がなく、ご自宅まで出張できるのがペーパードライバー講習専門スクールです。長年運転をしていなかった不安を1日で解消することもできます。ペーパードライバーの運転練習を教習所でとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

ペーパードライバー歴によるおススメ練習時間数

「私は何時間くらい練習したらいいの?」とのご質問をたくさんいただきます。何時間位の練習が必要?

実は、ハッキリ何時間ですよ。というお答えをお伝えすることはできないのです。

運転には、個人差がありますので、何年も全く運転していなかったのに2時間も練習したら、スイスイ運転でてしまう方もいれば、ペーパードライバー期間は、それほど長くないけど何時間練習しても自信がつかない方もいらっしゃるんです。

ここに記載するおおむねの時間数は、あくまでも参考程度にしてください。

2~4時間を練習す方

以前は、運転をしていてペーパードライバーの期間が短期間の方は、2時間~4時間コースで運転感覚が戻る方が多くいらっしゃいます。

 

5~6時間を練習する方

以前は、運転をしていてペーパードライバーの期間が5年~6年で、運転に不安を感じている方に適している時間数です。

 

8時間以上を練習する方

以前は、運転をしていたがペーパードライバーの期間が10年以上の方や、免許取得後、全く運転をしたことが無い方は、まず、車に慣れることが大切です。
車の運転は、時間数を乗ることによって慣れてきます。以前、運転をしていてペーパードライバー期間は短いけど、全く運転に自信がない方も、この時間数を練習していただけると運転に自信がついてくると思われます。

上記おススメ練習時間数は、一般的な事例を時間数にして記載いたしました。

絶対に上記の時間数を練習すれば、事故を起こすことがなくなります。などの保証をするものではありません。

もちろん、インストラクターが的確なアドバイスはいたしますが、練習の終了判断はお客様ご自身の判断となります。


こんな状況に遭遇!どう対処しますか?

ペーパードライバー講習ってどんなことを教えてくれるの?の声をいただくので、慣れていない多くの方の運転中の特徴を一例として記載してみました。
こんな状況、どうしますか?1

前方には、タクシーが停車しています。
対向車もあり、道幅は狭く感じます。
タクシーを避けて、進行します。

さて、この状況で一番多いミスは・・・

こんな状況どうしますか?
初心運転者の方や、慣れない方は、赤い丸の車に集中していることが多いのです。

こんな状況どうしますか?
タクシーや対向車に衝突する恐怖心からどうしても場面のとらえ方が点になってしまうのです。
もちろん、タクシーや対向車を全く見ない訳ではありません。

運転をする際の場面の捉え方は、点ではなく面で捉えるようにしましょう。
一般的には、このような場面で多いアドバイスは、「遠くを見てください」と教わることが殆どだと思います。

確かに間違いではありません。
ただ、教習所時代に感じたことは、「遠くってどこ?」と迷う教習生が沢山いらっしゃったこと。

べネファーストインストラクターは、教わる方の立場になってアドバイスを致します。
車の運転練習は、知識と経験豊富なべネファーストにお任せください!


Copyright © べネファースト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.