東京都在住のS様

東京都在住のS様

遠方までお越しいただき誠にありがとうございました。

何と東京の超一流大学の学生様

とても礼儀正しく、気さくに会話をしていただき練習してきました。

今度、お友達とご旅行へ出かけるそうです。

いつも感じていたのですが、車庫入れをする際、慣れていないとハンドルを回す方向や回しだす時期を考えて操作している方が殆どだと思います。

面白いのですが、ある程度練習していると自然にハンドルを握る手が「ピクッ、ピクッ」と動くのです。

実は、見ているとハンドルを回しだす時期や方向は、その「ピクッ!」と動いたところで操作していただけると丁度良い場所、方向だと感じていました。

そこでS様に「人間てきっと、感じて手を動かす脳と、考えて手を動かす脳があるのではないかと思っています」と話をしたところ、「脳はそういう構造ですよ」と教えていただきました。

「やはりそうだったか!」と私

何が言いたいかというと、慣れた人が車庫入れをしているとき、ハンドルを回す方向や時期を考えている人は少ないということです。

車庫入れをアドバイスする時、「考えないで操作してださい」とアドバイスするのですが、ペーパードライバーの皆様はやはり考え過ぎているのでなかなか上手に車庫入れできない方が多いのです。

「考えないで操作する」簡単に聞こえて、これが結構難しいのですね(*^^)v

詳しくわ、このブログ上ではとても説明できないのでこれくらいにしておきます。

しかし、今まで「そうなんじゃないかな?」と思っていた「脳」の構造をS様に教えていただけたので、これからのアドバイスに自信を持てた一日でした。

何か?S様に運転の練習をしていただいたのか、私の勉強になったのかわからなくなりましたが(;”∀”)S様、運転全般上手にされていました。

車庫入れもなかなかの腕前!

旅行でお友達に車庫入れ見せつけてあげてくださいね(*^-^*)

べネファーストをご利用、また、私のティーチャーとしてお礼申し上げます。

気を付けてお出かけくださいね。